あなはら笠懸店 店長の今井と申します。

私の遠近両用メガネの体験談を少しお話ししたいと思います。

私の年齢は今現在51歳で、はじめて遠近両用メガネを作ったのは約10年前になります。

はっきり言って、そのとき作ったメガネは全く使えませんでした。私の目は強度の近視で、長年メガネの仕事をしてきたので、度の強い人の遠近両用レンズはゆがみが大きく、視野が狭いという事は分かってはいましたが、ここまで見づらいとは思いませんでした。それから3年位は普通の近視のメガネを掛けていましたがさすがに老眼も進み、かなり手元が見づらくなってきました。その頃になると新設計のゆがみが小さく視野が広いレンズを各メーカーが製造するようになり、私はあるメーカーの当時としては最高級のレンズで遠近両用メガネを久々に作ってみたところ、まさに感動、感激そのものでした。最初に作った遠近両用メガネは全く使えなかったのに対し、そのとき作ったメガネはゆがみはほとんど感じず、問題の視野も広く、私にとって本当に快適なメガネができました。それ以来ずっと遠近両用メガネを掛けて快適な視生活を送っております。

現在は最高級の高額なレンズでなくても、お手ごろな価格で見やすく、掛けやすい遠近両用レンズはたくさんございます。

遠近両用メガネは「見づらい」「掛けづらい」というのは一昔前の話です。

その先入観を捨てた先には快適な視生活が待っています。

                     おつきあい頂きましてありがとうございました。